あんずのささめごと

morelikely2.exblog.jp

好きなものを好きなだけ

ブログトップ

ミュシャ展 感想その三

スラヴ叙事詩は圧巻でした。

スラヴ叙事詩以外の油絵は

スラヴ叙事詩を描く為の習作なのかと思えるくらいに、

油絵が一連の流れをもって描かれていましたね。

私的には点と線が結ばれました。


エリア2 世紀末の祝祭

エリア3 独立のための闘い

プラハ市立美術館から貸出されている油絵はスラヴ叙事詩も含め

感慨深いものがありました。



公式図録をお持ちなら読んで行かれるとよりスラヴ叙事詩が理解が出来ます。

音声ガイドはあっさりしてるそうです(子供が借りまして、その感想です)

スラヴ叙事詩を観るのに双眼鏡等があれば細かいところまで観れます。


生きている間に観れるだろかと思ったスラヴ叙事詩。

観れる機会が出来たこと、とても嬉しかったそんな展覧会でした。


[PR]
by MoreAndMore2 | 2017-04-25 09:00 | アート | Comments(0)